看護専門学校の中で、最難関と申し上げても、
決して過言ではないのが、都立看護専門学校社会人入試です。

準備したくても、
塾や予備校に行く時間もない。

塾や予備校すら近くにない。
どうしたらいいかわからない・・・

そんなあなたを、看護予備校アインスは、
あなたの合格までをフルサポートします。

1人で悩んでいても、
前に進んでいけません。

どうぞ、ご遠慮なく
アインスにお問い合わせ下さい。

準備するのは下記の3つです。

①自己推薦書
②90分1200字の課題文型小論文
③面接

【アインスのシステム】
①作成した答案を写メでアインスに送信
②自宅で添削動画を何度も視聴
③面接練習はスカイプ・Zoomも可

アインスのシステムなら、
上記の準備が、ご自宅でできます。

いつでもどこでも
受験の準備が可能です。

通信型の添削動画の見本はこちら

【料金】
①「自己推薦書添削」 5000円
②「小論文添削」5000円
③「面接練習」5000円
③「入会金」5000円

【注】
①②③をまとめてお申込の方は④を免除させて頂きます。
①、②は完成するまで何度も無料で添削指導します。
②小論文の追加練習は1題5000円です。
③面接練習は50分5000円です。
④面接練習は対面・スカイプ・zoom可です。

アインスには下記の過去問10年分が揃っています

①平成24年度 内田樹『街場のメディア論』
②平成25年度 古市憲寿『絶望の国の幸福な若者たち』
③平成26年度 柳澤桂子他『¼の奇跡』
④平成27年度 ライアン・バビノー他『一歩踏み出せば昨日と違う自分になれる』
⑤平成28年度 池辺義教『医の哲学』
⑥平成29年度 前田英樹『独学する心』
⑦平成30年度 樋野興夫『明日この世を去るとしても今日の花に水をあげなさい』
⑧平成31年度 森博嗣『やりがいのある仕事』
⑨令和02年度 森真一『どうしてこの国は「無言社会」となったのか』
⑩令和03年度 荒木昌子、藤木美奈子『自分を活かすコミュニケーション力』

令和03年度/課題文の出典
荒木昌子、藤木美奈子著(2020)『自分を活かすコミュニケーション力』
実教出版株式会社

設問は下記の通りです

「著者が伝えたいことを240字程度に要約した上で、『コミュニケーションのあり方』について、経験を踏まえたあなたの考えを、要約を含めて1200字程度で述べなさい」。